知りたがりのための生命保険ガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

日本人がかかりやすいがんの保険

自分の万が一のことを考えて加入する生命保険と、突然のケガや病気に備える医療保険、生命保険に加入している方なら大体この二つの保障をメインに付けていると思います。
しかし入院に重点を置いた医療保険だけで本当に安心できるでしょうか。
日本人の死亡原因の1位はがんです。
近年3人に1人はがんになるといわれています。
確かに医療保険に加入していれば、がんも病気なので保障の対象になりますが、支払給付金に限度があります。
再発率が高い病気ではなかなかまかないきれない部分が出てきます。
通常の生命保険のように死亡したらとか、入院したらとなどではなく、がん保険はそれに特化した保険になります。
保険会社によって各内容は変わりますが、がんと診断されると診断給付金として一時金が支払われます。
契約内容によっては一回の支払いと複数回の支払いと分かれます。
もちろん入院しても手術をしても給付金が出ます。
医療保険では支払限度日額が決められていますが、がん保険では入院、通院も支払限度日額が無制限になっています。
がんの治療は保険がきくものから保険外のものたくさんあり保険適用外の治療により高額な治療費を支払うという負担の軽減と、再発などにより長期の入退院を繰り返すリスクを入れてのことです。
死亡すると給付金がもらえるタイプと生命保険からしか出ないタイプとあるのでそのあたりは内容に注意する必要があります。
最近では闘病中の働けない間の収入を保障するものも出てきています。
種類としては通常の生命保険と同じで「終身型」と「定期型」に分かれます。
終身型は一生涯保障してくれ支払金額も一定ですが、最初から保険料が高めに設定してあるので定期型に比べると割高になります。
定期型は入る年齢により金額は変わりますが終身型より安い支払金額から始まり更新のたびに払う保険料が上がっていく仕組みになっています。
保障も決められた期間に限ります。
どちらの種類にしても生命保険ほど保険料は高くありません。
ただ、がん保険に加入する際に気を付けたいことがあります。
契約日から90日を経過しないと診断を受けても給付金を受けることができません。
これは乳がんのしこりを事前に発見してからがん保険に加入し、給付金を受け取る事例が増えた為です。
また、少し前までは「上皮内がん」はがん保険の適用外でしたが最近では給付金を受けることができる商品も出てきました。
このようにがん保険も生命保険自体もどんどん新しい保障内容が出てきています。
誰もがかかる病気ではありませんが生命保険の新規加入や見直しの際には、医療保険だけではなくがん保険の加入も検討してみてはいかがでしょうか。
Search


Copyright (C)2016知りたがりのための生命保険ガイド.All rights reserved.